第七夜

『』

2015.00.00

00:00:00

  • Photo
    準備中

第六夜

【JARA2016】東京展ギャラリートーク
『パース二人語り』~出品作を語る~

2016.08.26

01:33:33

@建築会館ギャラリー

  • Photo
    上野真理 (株式会社アルモ設計) / 浅古陽介 (有限会社NAU建築デザインスタジオ)
    「作品展の主役は作品だ。出品作について話すべきだ。毎日でもギャラリートークしたい。」という浅古氏。一方は喋りが超苦手な上野。
    浅古「いつものように喋ればいい」 上野「じゃあお酒飲みながらでいい?」
    こうして「JARA bar -ライブ-」となった東京展ギャラリートーク第二夜。
    今宵は貴方も お好きなお飲み物を片手に、リラックスしてお付き合いください。

ダイジェスト版はこちら

00:05:12

@建築会館ギャラリー

  • Photo
    上野真理 (株式会社アルモ設計) / 浅古陽介 (有限会社NAU建築デザインスタジオ)
    第六夜のダイジェスト版です。

第五夜

CADの人たちVol.02
『冨田和弘の渡辺論/VRの使い方と建築模型/原広司との仕事 など』

2015.08.09

00:33:22

@Next Picture株式会社

  • Photo
    冨田和弘(Next Picture株式会社)/渡辺健児(COMPUTER VISUALISATION・JARA理事)
    浅古陽介(NAU建築デザインスタジオ・JARA会員)
    CADの人たちVol01:「CADの使い方と考え方/CAD教育について」の続編です。

第四夜

CADの人たちVol.01
『CADの使い方と考え方/CAD教育について』

2015.08.02

00:40:33

@Next Picture株式会社

  • Photo
    冨田和弘(Next Picture株式会社)/渡辺健児(COMPUTER VISUALISATION・JARA理事)
    浅古陽介(NAU建築デザインスタジオ・JARA会員)
    CADという言葉は、Computer Aided Designの頭文字をとった言葉です。これを直訳すれば「コンピューターがデザインを支援する」となります。
    「コンピューターがデザインを支援する」と聞いて私が思うことは、どの様にコンピューターをデザインに支援させようか?ということです。新しいソフトウェアは増え、設計の方法は多様になり、建築は複雑になっていく昨今、設計は複雑な処理や、高速化が必要になり、コンピューターの導入は必要不可欠だと思いますが、どの様にコンピューターをデザインに支援させるかの答えは、やはり、個々人で違うと私は考えます。また、コンピューターをどの様に使うかと考えることは、人にこそ可能であると考えます。
    故に、私にとってCADという言葉は、システムの総称であると同時に、ひとつの問いであります。
    この配信では、コンピューターテクノロジーそのものでなく、それらを使う人にこそ焦点を当て、最先端でCADを使う人たちが、どの様にコンピューターを考え、コンピューターと向き合っているのか。また、どの様な人であるのかというところに着目していきたいと思っています。
    (文章:浅古陽介)

    冨田和弘
    1990.4 ~ 2007.12 大成建設株式会社:設計本部プレゼンテーションGr グループリーダー
    2008.1 ~ 2008.12 未来技術研究所:建築ビジュアライズセンター所長
    2009.3 ~ Next Picture株式会社 設立
    2006.4 ~ 2009.3 京都大学建築学科:非常勤講師
    2012.4 ~ 法政大学大学院建築学科:兼任講師

    著書
    速習 建築CGパース マスターブック -エクステリア編- など

第三夜

『関東納会_透明水彩・ガッシュ・CG・レンブラント…』

2014.11.29

00:38:08

@恵比須の某居酒屋

  • Photo
    声:宮崎岳彦 / 浅古陽介 / 上野真理
    居酒屋後半戦。
    第一夜の収録中、後ろの雑談を聞き逃さなかった浅古氏が口火を切ります。
    透明水彩やガッシュ、CGといった手法の違いによる描く際の「意識」の違いから発展して、
    絵の重さ・軽さ・明るさ・暗さ、、、等々、興味深い会話を収録したものです。

第二夜

『関東納会_JARAcafeについて』

2014.11.29

00:25:46

@恵比須の某居酒屋

  • Photo
    主な声:宮崎、上野、浅古、渡辺、西川、長谷川(関東支部会員)
    支部会の時間では話しきれなかった会話を収録。
    居酒屋での生のやり取り前半戦を、どうぞご視聴ください。
    当企画「JARAcafe」やセミナーでの録画をWEBで公開するか否かについて等、活動の背景がリアルに聞けます。

第一夜

『建築ヴィズ漫談』

2014.10.29

02:14:01

@築地某所

  • Photo
    宮崎岳彦 / 浅古陽介 / 渡辺健児
    宮崎氏のパースや、MIRのパース、グッゲンハイム・ヘルシンキのコンペパース、JARA2014出品作品を見ながら語る。
    北欧と日本の比較、絵作りの分析、差別化、手描き、カメラの功罪など、様々なキーワードが繰り広げるアカデミックな時間。
    一般公開しないのがもったいないくらい濃い内容、必聴です。